手軽さで白髪染めを選ぶポイント

簡単・手間いらずの白髪染めは?

手軽な白髪染め 白髪染めで面倒なことと言えば、ちょっと考えただけで
ビニール手袋をする
イヤーカバーをする
頭皮や耳などに保護クリームを塗る
服に染料がつかないようにケープを使う
床が汚れないように新聞紙などをしく
などがあります。
上の3つは白髪染めの安全性と関係があります。 市販の白髪染めの多くは安全とは言えません。1液と2液を混ぜるタイプや泡が出るタイプなどがありますが、どれも肌につくとヒリヒリしたり、かぶれたりします。 そのため、肌につかないようにビニール手袋などが必要になります。 これら安全性に関わるものは、素手で使える安全な白髪染めを使えば一気に解決!
そして、下の2つはお風呂で使うタイプの白髪染めを使えば解決します。 シャンプー時にトリートメントとして使うタイプの白髪染めで、お風呂場の床や浴槽についても水で簡単に洗い流すことができます。

その他にお手軽さを見るポイントとして、1回染めるのに何分かかるか、1度染まった後の使用頻度を参考にすると良いでしょう。

・素手で使える安全な白髪染めを選ぶ
・シャンプー時にトリートメントとして使う白髪染めを選ぶ
・1回染めるための必要時間、1度染めた後の使用頻度

手軽な白髪染め おすすめランキング

必要時間:10分、使用頻度:週1回、シャンプーの後で使う。
安全性と仕上がりの美しさでNo.1。超低刺激なので敏感肌やアトピーの方でも使用可能。 シャンプー時にヘアトリートメントとして使うだけ、約10分ほどで染まります。 旭化成ケミカルズ開発の新補修成分ペリセア(ジラウロイルグルタミン酸リシンNa)が髪を補修しながらしっかりと染める。シリコン無配合なので仕上がりが艷やか。

必要時間:10分、使用頻度:週1~2回、シャンプーの前後どちらでも使える。
頭皮と髪に優しい植物由来の天然染料を使用。 頭皮や髪にダメージを与えず染め上げます。 Wフコイダンのトリートメント効果で、白髪染め特有のパサつきがなくしっとり染まる。 シャンプー前後、どちらでもOK。しっかり染めるなら、シャンプー後に使用します。

必要時間:10分、使用頻度:週1~2回、シャンプーの前後どちらでも使える。
無添加、天然成分配合の白髪染め。 髪表面をやさしくマニキュアするタイプなので髪や頭皮を傷めません。 利尻昆布エキスにはフコイダン、ミネラル、アルギン酸などが含まれ、髪や頭皮に潤いを与え健やかに保ちます。

手軽さではほとんど違いなし、何を重視するかがポイント

手軽さという点では、トップ3(くろめヘアカラートリートメント、ルプルプ、利尻ヘアカラートリートメント)にはほとんど違いがありません。 くろめヘアカラートリートメントが1度染まった後は、週1回染めるだけでいいので少し楽ですね。
他に「安全性」「仕上がりの美しさ」「色の種類」も参考にすると良いでしょう。 安全性と仕上がりの美しさは「ルプルプ ヘアカラートリートメント」がNo.1。
くろめヘアカラートリートメント 公式サイトはこちら
ルプルプ 公式サイトはこちら

多くの人が重視する、白髪染め3大ポイント

仕上がりの美しさ
美しい仕上がりのヘアカラートリートメント

しっかり染まっても髪がパサパサだと、年齢が上に見られます。しっとりツヤツヤに染める。

詳細はコチラ
安全性
安全な白髪染め

頭皮についてもヒリヒリしない!ビニール手袋不必要、素手で使える!

詳細はコチラ
手軽さ
手軽なヘアマニキュア

面倒なのはイヤ!ビニール手袋も保護クリームもいらない、簡単に染まるのはどれ?

詳細はコチラ