無添加で白髪染めを選ぶポイント

無添加なら何でもいいの?

無添加の白髪染め すでにご存知だと思いますが、無添加と表示されているのは旧指定成分が入っていないという意味です。 無添加と表示されていれば、肌に悪い成分が全く入っていないというわけではありません。 敏感肌などお肌の弱い方は、なるべく成分をチェックすることが望ましいです。
自然の成分でもアレルギーを起こす方もいます。 アレルギーが気になる方は、パッチテストをしてください。
パッチテストをするためにも、返金保証付きのものが良いかもしれません。 返金保証付きには2種類あります。
1.本商品とサンプル品が送られてきて、サンプルでパッチテストをし、未開封の本商品を返品する。
2.本商品を試して気に入らなければ、開封後の本商品を返品できる。
1の場合は本商品を開封すると返品できません。ちょっと仕組みが違うので注意してください。

次に、無添加の白髪染めの成分をチェックし、特に安全性が高いと思われるものを紹介していきます。 参考にしてください。

無添加の白髪染め おすすめランキング

無添加の白髪染めについて成分を細かくチェックし、安全性の高いと思われるものを調べました。

界面活性剤:ステアリルトリモニウムブロミド。
安全性と仕上がりの美しさでNo.1。 旭化成ケミカルズ開発のペリセアが髪を補修しながら染めるので、しっとり艶染めができます。 くろめ昆布のフロロタンニンが紫外線から髪を守り、色落ちが少ないので長持ちします。

界面活性剤:ステアリルトリモニウムブロミド、ステアラミドプロピルジメチルアミン、セテアリルグルコシド(乳化剤)、ステアリン酸グリセリル(乳化剤)。
業界初のWフコイダン(高分子フコイダン+低分子フコイダン)が、頭皮と髪をしっかり保湿。 頭皮や髪の潤いをたもつので、しっとりした美しい髪へ。

界面活性剤:ステアラミドプロピルジメチルアミン、ポリクオタニウム-10、ステアリン酸グリセリル(乳化剤)、PEG-40水添ヒマシ油(乳化剤)。
天然利尻昆布エキスは、ミネラル・フコイダン・アルギン酸をたっぷり含み、髪や頭皮に潤いを与え健やかに保ちます。 天然植物色材が頭皮や髪を傷めずに染め上げます。


界面活性剤は危険なの?

界面活性剤は悪者のように言われることが多いですが、必ずしもそうではありません。 例えば、食品にも含まれています。ドレッシングなどに界面活性剤(乳化剤)が入っていないと水と油が分離してしまうからです。 気を付けたいのは石油系の合成界面活性剤です。 上のランキングにのっている白髪染めは、危険な合成界面活性剤は使用していないようです。 無添加石鹸を使っても、お肌がヒリヒリするような敏感肌の方でなければそんなに気にしなくても良いでしょう。 ですが、どの白髪染めや化粧品などにも言えることですが、100%安全というものはありません。 最初にパッチテストをして、自分に合うことを確認してから使用してください。

無添加の白髪染めで、くろめヘアカラートリートメントが1番の理由

配合されている界面活性剤の数が少ないこと、そして新補修成分ペリセアが配合されていることで「くろめヘアカラートリートメント」がおすすめです。ペリセア(ジラウロイルグルタミン酸リシンNa)とは旭化成ケミカルズが開発した成分で、荒れた肌を治し、傷んだ髪を補修する働きがあります。使うほどに美しく健やかな髪へと導きます。
くろめヘアカラートリートメント 詳細はこちら

多くの人が重視する、白髪染め3大ポイント

仕上がりの美しさ
美しい仕上がりのヘアカラートリートメント

しっかり染まっても髪がパサパサだと、年齢が上に見られます。しっとりツヤツヤに染める。

詳細はコチラ
安全性
安全な白髪染め

頭皮についてもヒリヒリしない!ビニール手袋不必要、素手で使える!

詳細はコチラ
手軽さ
手軽なヘアマニキュア

面倒なのはイヤ!ビニール手袋も保護クリームもいらない、簡単に染まるのはどれ?

詳細はコチラ